ルフィはポジティブ


マンガを記事にしてもらった時、自虐がすごいwwwという書かれ方をしていて決して嫌な気持ちではなく他人から見た私はそうなんだなと勉強になった事がある。

また、すごいネガティブだねwwwと人と話していて言われる事がありそれも決して嫌な気持ちではなく他人から見た私はそうなんだなと勉強になったので、初めましての人とか一言の短い時間で自分を端的に表せないといけないときは「結構ネガティブな所があります…」という風にゴショっと濁してまとめていた。

確かに、ポジティブな人を見ているとポジティブではない気がするし、千原せいじに似た男にバカにされた帰り道は冬の川に飛び込みたくなりはした。

でも結局生きてるし、人より小さなことで死にたくなる回数は確かに多いかもしれないが生きているので結果、すんげえポジティブな気がする、と最近思っている。

ボロボロですぐ死にたくなるのに笑って生きているので総計したらすんげえポジティブなのかもしれない。

麦わらのルフィはポジティブだけど辛くても死にたくならない、私はすぐ小さな事で死にたくなるが笑って生きている、なので結果的に俺たちはすんげえポジティブ。

このニュアンスを一言で口下手な私が伝えるのは難しく、初対面の人にはゴショっと「結構ネガティブな所があります…」という風にまとめてしまうのが何かどうにかならんかなあと思う。


「すぐ死にたくはなるが、惰性で生きているうちにすぐ楽しくもなれます。
地層のように絶望と喜びが重なっており、コロコロと地表に出てくる感情が変わります、そして地盤がゆるいのでそのコロコロの感情の移り変わりがすんげえ激しく早いです。」


上記のように人に説明できたらすごいなあ、すごい、何かすごいけど説明そこまでする必要があるだろうか…と思う。
しかし一言で自分を現すのならこうなんだろうと思う。

しかしもっと一言で簡単に楽に説明するのなら「繊細な所があります…」だと思う。
これは間違いなくそう、そうだけども…私を一言で言うならそうなんだけども……
その後会話続けにくいし相手もネガティブです…と言われるより触れづらいなぁと思う。

……

小学生の子が遊んだ時に私の似顔絵を描いてくれた。
出来た絵を見たらおでこにチョンッとある小さなホクロまでしっかり描いてくれていて私自身が忘れていたくらいの小さなホクロなのですんげえ~~なおめえ!と思った。
そして、幼稚園の時、私は額にホクロがあるので大仏さんの生まれ変わりなんだ…と信じていた事を思いだした。
すんげえおこがましい思い込みだが、人に優しい子だ…と褒められるしやっぱりホクロあるし私は大仏さんなんだ…!と母にガチ否定されるまでずっと信じていた。
(今調べたら大仏さんのはホクロではなく毛だそうです、親近感がわきます)

幼き時とはいえ、自分をホクロの位置だけで大仏さんだと信じ込める人はすんげえポジティブな気もする。
ただすんごいお茶目な人の気もする。


おわり






日記・雑談ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村