つまり生まれるのが早すぎた

身分相応な裏返った靴下を直すような慎ましい人生です。楽しいです

カテゴリ: 日記や

私は元ヤンでも付けないような当て字の「伊毛野めそ子」(いものめそこ)というペンネームをつけているのだけど、自分で名付けておいてちょっとコンプレックスになりつつある。自分で名付けておいて。普通に考えてっていう言葉はあまり使いたくないが普通に考えてダサい。普 ...

友達に遊園地に誘ってもらったのに断ったことをずっと気にしていた。もう何年も前の事だけど私はそれをずっと気にしていて、ふとして瞬間に思い出して憂鬱になりその度に奇声をあげて一人でアルプス一万尺をしていた。アルプス一万尺、実は完璧に覚えたことがなくてうろ覚え ...

父の地獄の釜で人間を煮ている時に漂ってきそうな口臭に安心する日が来るとは。喘息で病院に行き、「味覚や嗅覚はありますか?」と言われて一瞬不安になるものの朝の六時頃に嗅いだ強烈な父の口臭を思い出して少し安堵した。父と母の朝の寝室の匂いはひどい、確実に何人か煮 ...

破裂してしまいたい昼夜逆転が本当にひどくなり朝食を食べて寝る生活になっている。私がジャンガリアンハムスターだったら悩まなかっただろうが人間であるばかりに体の心配をしてしまう。肝臓はただでさえ悪いし運動不足やらであちこち元々体が悪いのにこのままだとこの体を ...

ドックフードを食べる妹を思い出す。タケノコがあまり好きじゃなくなってきているなと思った。夜食を食べることに抵抗がなくなっている死に向かう私の体はタケノコを軽んじだした。 昔はもっと特別な好きな食べ物でタケノコが夕食に出ると我先にと飛びついたのに、今はへ~ ...

↑このページのトップヘ